YURULOG

アニメや漫画が大好きで女性らしさを捨てていた義務教育時代。そんな過去を反省し少しでも素敵な女性に、自分に自信を持てるように生活に工夫を。

脱!芋女!!ブスでも楽しく生きるコツ【初級編】

 

私は小・中学生の頃、ブス!デブ!といじめられていました。それを真っ向から否定できない程度にはブスで、太っています。

 

だけど、20歳を過ぎた頃、いじめられているのはブスだからでも、デブだからという訳でもないと気づいたんです。

 

いじめられていたのは、芋女だったことが原因でした。

 

今の私は、相変わらずデブだし、化粧を覚えたくらいで顔もほとんど変わっていません。でも、不思議と、デブ!とも、ブス!とも言われなくなりました。

 

つまり、いじめられていた、人に笑われていた原因は、「垢抜ける気がなかった私の姿勢」だったのです。

  

可愛くなりたい、せめてブスと言われないようになりたい……

でもおしゃれに関する知識はゼロ…………

どうしたら人に笑われずに済むの……

 

そんなみなさんのために 、なんとか脱!芋女すべきために私が行ったことを記していきます。

 

※この記事はいわゆる可愛くなりたい女の子、ではなく、今までおしゃれに無頓着だった女の子、ブスだと笑われて泣いた経験がある女の子に向けた記事です。

 

f:id:hhm4bue:20190301165921j:plain

 

 

ぴぴぴのブスの度合い

 繰り返しますが、私・ぴぴぴはブスです。そしてデブ。

 

小中学校で似てる、と言われたものは、

シュレック、トトロ、ポニョ

 

私はシュレックもトトロもポニョも大好きだけれど、彼らは皆人間ではないから、流石に似てると言われても嬉しくはないですよね笑

 

そして数字で見ると、身長が149センチと低いにもかかわらず体重は52キロ(標準体重は48キロ)。ピーク時はなんと、58キロにも及んでいました。 

大学の入学式に買ったスーツは13号、スカートやズボンもウエストサイズはL。

 

これで信用していただけましたか。顔については顔出しするのがベストなんでしょうけど、ネット上でまでブスだとか罵られたくないので控えさせてください。

 

そんなわたしが、なんやかんやで人生楽しい!と思えるようになっていくためには以下のような努力をしました。

ブスでも化粧をした

何はともあれ、大学生になったのであれば化粧をしなければならない。

 

めんどくさい、と思いましたか?いやめんどくさいならしなくていいんです。だけど、この記事を見てるってことは、少しでも今の自分を捨てたいって思ってるんじゃないのでしょうか。

 

だったら、化粧をしましょう。難しいことは後回し、やり方がよくわからなくてもいいから、毎日学校に行く前に化粧をする時間を取る、これを習慣づけることが最優先。

 

化粧をすると不思議と、化粧がバッチリのキラキラした女の子から話しかけてもらえるようになりました。

 

tanakara-sakuramochi.hatenablog.com

 

 ブスでも規則正しい生活習慣を心がけた 

化粧をするためには、早めに起きる必要があります。夜更かしをすると当然、化粧はいいや……と二度寝することになりますよね。でも、化粧をしないと、キラキラ女子大生になれないどころか、芋女で終わってしまいます。また、心ない言葉に涙する日々を送りたいですか?

 

何が何でも、化粧をして学校に行く。そのために規則正しい生活を心がけましょう。

 

そして、規則正しい生活は化粧をする時間を生むだけではありません。そう、肌を綺麗にしてくれるんです。

 

私はまあまあオタクなんですが、オタクの女の子って普通の女子大生より肌が汚い人が多い気がしませんか?それは不規則な生活が原因です。夜遅くまでアニメ、夜遅くまでゲーム……。一旦それを我慢して、綺麗な肌を手に入れることを私は選びました。

 

一度早く寝る習慣をつけると、何もしなくても肌のハリが良くなります。ぜひ、趣味と周りからの評価を天秤にかけて見て欲しいのです。規則正しい生活を始めて気づきましたが、ゲームとアニメは朝でも楽しめます。

 

 ブスでも髪を整えた

 芋女がいじめられる所以は、「なんか汚そう」という印象。

 

脂ぎった前髪は「お風呂はいってなさそう」。カサカサ、パサパサの髪は「ドライヤーかけてなさそう」。

 

事実はどうあれ「汚そう」と思われている以上、いい評価は得られません。毎日お風呂の後は、ヘアオイルをつけてドライヤーをかける!たったこれだけで、「汚そう」な印象は薄まります。

 

ブスでも外出した

 

外出すると太陽光を浴びることになります。するとセロトニンという物質が放出される、という話を聞いたことありませんか?

 

難しいことはわからなくてもいいです、とにかくセロトニンが放出されると体内時計が整います。先述した夜遅くに寝ることが難しくなって、自然と規則正しい生活になるんです。

 

さらに、外に出ると嫌でも流行りに気づくようになります。

学ぶ気が無くても、そこかしこに自分よりおしゃれな女性はたくさんいるのだから、すぐに目に入ってしまうのです。

 

あんなスカートが流行りか、あの髪型どうやってるんだろう、そういう不思議を感じ始めたら、あなたも脱・芋女のチャンス。

 

ブスでもバイトをした

 

化粧もする、ヘアオイルもつける、最新のスカートを買う、つまりお金がいる。世のキラキラ女子の多くは、自分でお金を稼いで、自分に投資しているんです。

 

昔の私がそうだったように、芋女は「化粧や服にお金をかけるくらいなら趣味に投資!」と言いがち。残念だけど、この言葉は言っているうちは芋女を抜け出せないち思いますよ。美容にもお金をかけることをお忘れなく。

 

tanakara-sakuramochi.hatenablog.com

 

まとめ

これらのことから私が感じたのは、ブスであっても、「垢抜けようとしている姿勢」がみられれば心ない言葉をかけられることが少なくなる、ということです。

 

私たちに心ない言葉をかけてくる人たちはもちろん、世の一般的な女の子は私たちが思っているよりずっと身なりにお金と気を使っています。

 

もちろん、だからと言って心ない言葉をかけていい理由にはなりませんが、やっぱり自分より努力をしていない人を見ると何か言いたくなってしまうんでしょうね。

 

私たちはそんな人間にはなりたくないけれども、やっぱり傷つけられたままでいるのも腹が立ちますから、彼ら彼女らを見返すためにも、一歩踏み出してみませんか?

 

さて、長くなったので続きは別記事で!

 

続き→

tanakara-sakuramochi.hatenablog.com

 

 

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分磨きへ
にほんブログ村