YURULOG

アニメや漫画が大好きで女性らしさを捨てていた義務教育時代。そんな過去を反省し少しでも素敵な女性に、自分に自信を持てるように生活に工夫を。

【就職活動】大学の健康診断をサボったせいで9,000円損した話

 

こんにちは、ぴぴぴです。

 

今日は就活準備シリーズです。

 

就職活動が進み、内定をいただくと、提出しなければならない書類がいくつかあります。その中に、必ず含まれているのが「健康診断書」

 

会社によっては、内定後ではなく、選考中に提出を求められる場合もあります。

 

そんな健康診断書に関して、私が犯したミスを告白します・・・。

 

今年就活をする方は、(まぁ普通ないと思いますが、)気をつけてくださいませ!

tanakara-sakuramochi.hatenablog.com

 

tanakara-sakuramochi.hatenablog.com

 

f:id:hhm4bue:20190206141854j:plain

 

 

4月に行われる大学の健康診断

おそらく、どの大学であっても3月〜5月にかけて、無料で健康診断をしてくれると思います。

 

医歯薬系だと、実習で病院に行くことになると必ず健康診断書が必要になりますから、おそらくきちんと毎年受診される方がほとんどですよね。

 

ところが、大学生活において、健康診断書が必要な場面に出会ったことのない方は「まぁ強制でもないし、良いやろ〜」とサボったことのある人もいるのではないでしょうか?

 

まぁ私なんですけど。

 

大学院に入るまで、健康診断書を必要とする場面に出会ったことのなかった私は、かれこれ2、3年健康診断を受けていませんでした(ゴミ)。

 

そんな私は、ある日突然、その判断を後悔することとなるのです・・・・。

 

三次選考通過の知らせ

就活を始め、とある企業の三次選考を通過した旨のメールが届いた時、私は目を見開きました。

 

以下の書類をご用意ください。

 

・卒業証明書

・成績証明書

健康診断書

 

な・・・・ないっ、健康診断書はないっ。

 

普通であれば、学校で健康診断を受けているので、学校に申請すればすぐに発行してもらえる健康診断書。

 

まぁまさか今年就活すると思っていなかったのもあり、当然のごとく健康診断をサボっていた私。

 

まさかこんなところで選考を落ちるわけにはいきませんから、なんとか健康診断書を手に入れるように動き始めました。

 

区役所で健康診断を受ける

学校の健康診断は、春の一定期間しか行われていません。そのほかの時期に健康診断を受ける場合は、自身で病院や役所で健康診断を受ける必要があります。

 

どうにも、病院で健康診断を受けると料金はまちまち。

 

どうやら一番安く済ませるには、区役所で受けるのが一番。ということで、区役所の健康診断を予約・・・しようとしたのですが。

 

3週間後まで予約でいっぱい。

 

広島の区役所での健康診断は週に1回しか行われていません。一人当たりの健康診断にかかる時間もなかなかかかりますから、たくさんの人を呼ぶわけにはいかないのでしょう。

 

「明後日の健康診断にいこっ」と軽い気持ちで電話をかけると、予約できたのは3週間後でした。

 

なんとか健康診断を終える

会社には、次回の選考までに健康診断書を用意するのが難しい、と伝え、許可をもらい、4次選考を受けさせてもらいました。

 

そして迎えた健康診断の日。事前に料金は聞いていたものの、朝区役所に着くとともに支払う7,820円

 

4月に大学の健康診断を受けていれば・・・と募る後悔。これで選考落ちたら無駄金・・・と暗い気持ちになったのを覚えています。

 

いや、それでも病院で健康診断を受ければ1万を超えることもありますから、随分安く受けさせてくださっているんですけどね。貧乏学生には痛い出費でした。

 

その後もかかるお金

さて、タイトルには「9,000円損した」と書かれているのに、8,000円の出費じゃん!と思った方、まだ話には続きがあります。

 

予定より3週間も健康診断を受けるのが遅くなった私。健康診断書の発行は、血液検査がある場合は翌週から受け取りが可能になります。

 

つまり、めちゃくちゃ会社を待たせている。

 

本来なら、メールが届いた翌週には提出できていたはずの健康診断書を、およそ1ヶ月かけて入手したわけですから、これ以上会社に待っていただくわけにはいかない。

 

ということで、健康診断書を入手した私は、その足で速達郵便をお願いします。

 

そして、よくわからないけど、とりあえず封筒を入れ替えたほうがいいだろうと、ローソンによったわけです。そこで買ったのは、長4の茶封筒。

 

わかりますか、ダブルで間違えたんです。

 

長4→B4を四つ折で入れることのできる封筒

茶封筒→企業内でダイレクトメールに用いられる封筒

 

健康診断書は普通にA4サイズの書類ですから、まず封筒に入りません。おまけに茶封筒は就活用の書類の提出に適してない。ダブルコンボですた。嗚呼無情。。

 

健康診断書を会社に送るには角2 A4書類がはいる白封筒が適切だったわけで、封筒を買い直すことに。

 

ということで、諸々の経費を合わせて8,500円ほど私は失ってしまったのでした。

 

(9,000円に微妙に足りてなかったんですが、計算ミスでした、、、タイトル詐欺をお許しください、、、)

まとめ

 

私の場合、まさかの就活のタイミングだったこともありますが、就活に健康診断書がいるというのを知らない人も多いかと思います。4月時点で健康診断書を会社に要求される人もごく少数だと思いますしね。

 

また、健康診断書を会社に送付する際の封筒についても、あまり知識がない方も多いのではないでしょうか。健康診断書は区役所から受け取った封筒ごと、A4サイズの封筒に入れて送付するのが無難なようです。

 

大学できちんと健康診断を受けていれば、速達を使う必要も、健康診断費用を支払う必要がないわけですから、ぜひ就活直前の大学生の方はきちんと健康診断を受けておいてくださいね。

 

それでは!

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分磨きへ
にほんブログ村