YURULOG

大学院中退/既卒就活/歯列矯正

【体験談】リゼクリニックでの医療脱毛を始めました【メリットと不満に感じたこと】

社会人になってから始めたことの1つに、医療脱毛があります。

【歯列矯正】社会人になってお金をかけて良かったこと【医療脱毛】 - YURULOG

 

以前、エステ脱毛で施術を受けていたことがあるのですが、諸事情により全身の脱毛を受けることができなかったため、現在の医療脱毛に行きつきました。

 

歯列矯正の病院選びと同じくらい、脱毛を受ける医院やサロンの選び方って難しいですよね。

 

決め手が欠けていて、脱毛をどこで受けるか決められない方の参考になればと思い、今回は、リゼクリニックで脱毛中の私が,リゼクリニックでの脱毛のメリットと、私が不満に感じたことを説明していきます。

 

こんな人にオススメの記事です

・医療脱毛を考えている人
・クリニック選びで悩んでいる人
エステ脱毛では満足できていない人

f:id:hhm4bue:20210508181931p:plain

リゼクリニックでの脱毛のメリット

f:id:hhm4bue:20200810105217j:plain
それでは、メリットから説明していきます。なお,ここからは,基本的に私の個人的な見解が含まれますので,情報の正誤はご自身でご判断ください。

剃毛料金が取られない

リゼクリニックでは、剃り残しがあっても追加の剃毛料金が取られません。

 

全身脱毛やVIOなどを受けることになると、どうしても自分では剃りにくい場所が出てきますよね。家族やパートナーに手伝ってもらえる方はよいですが、一人暮らしだったり、誰かに頼むのは恥ずかしい、という方だと、困りますよね。

 

しかし、多くの脱毛サロンやクリニックでは、剃り残しが多いと施術を断られてしまったり、剃毛料金を取られてしまうんです。

 

せっかく行ったのに施術を受けられないというのは避けたいですし、追加料金を取られるのも悲しいので、私は剃り残しがあっても対応してもらえる店に大きな魅力を感じました。

 

ただし、リゼクリニックでも、原則自分で剃っていくことがルールです。あまりにも剃り残しが多い場合は照射時間が減ってしまうため、その日に予定していた部位全ての施術ができなくなってしまうことがあるので、ご注意ください。

 

炎症止めの薬にも追加料金なし

脱毛を受けると、どうしても肌が刺激を受けるため、赤みや痒みが出るなどの皮膚トラブルが起こることがあります。

 

リゼクリニックでは、これらの皮膚トラブルを治す薬も追加料金なしで貰うことができるんです。

 

初回の施術時に、チューブの炎症止めを貰うのですが、その後も適宜「まだお薬残ってますか?」と看護師さんに確認されるので、無くなればその時に伝えれば追加分がもらえます。

 

また、赤みやかゆみ以外に、大きな皮膚トラブルが生じた場合も、きちんと対応してくれるのがリゼクリニックの良いところ。安心して施術を任すことができます。

 

ただし、当然ですが、脱毛以外の理由による皮膚トラブルには対応していませんので、ご注意くださいね。

コロナ対策も行われている

来院時には非接触型体温計による検温、手洗い、アルコール消毒が義務付けられています。施術をする看護師さんもマスクorフェイスガードをされています。

 

もちろんこれだけで感染が必ず防げるかというと、そうではないとは思いますが、アルコールを店頭に置いているだけのお店よりははるかに安心できますね。

契約前に医師とのカウンセリングがある

f:id:hhm4bue:20210508181044j:plain
他の医療脱毛を行っているクリニックに行っていないので,医療脱毛業界では当たり前のことかもしれませんが,契約前の医師とのカウンセリングに非常に安心感を覚えました。

 

特に,私の場合,持病があってエステ脱毛では全身の施術を受けられないということがあり,医師とのカウンセリングを重要視していました。

 

施術に不安な点がある場合,このカウンセリングですべて不安を解消してから契約できるのは,非常に魅力的です。しかも,このカウンセリングは無料です。

施術を受けない部位の分だけ値下げ

全身脱毛で契約はしたいけど,別のクリニックで一部脱毛済みなんだよな…という場合,その部位だけキャンセルすることができます。しかも,キャンセルした分だけ,金額は値下げしてもらえます。

 

最近は「何回でも無料!」みたいなキャンペーンをしているクリニックが多いですから,一部だけ脱毛が済んでいるという方も少なくないと思います。そういった方にはありがたいサービスです。

少し不満に感じた点

ここからは,私が契約した後に,少し残念に感じた点を書いていきます。

予約が取りにくい

f:id:hhm4bue:20200810104805j:plain
リゼクリニックでは,以下の方法で予約をとることになります。

①施術を受けた後に受付で次回を予約
②HPから予約

 

予約ができるのは,その日から1か月以内に限られます。そのため,当然ですが予約は集中するようです。

 

②の方法で予約をする場合,第3希望までを記入するのですが,施術時間が長いものだと「どの日程でも予約が取れませんでした」と返ってくることが少なくありません。ちょっとこれが不便に感じました。

 

①の場合は,希望した日が難しくてもすぐに別の日を提示して~と交渉が容易なので,比較的予約がとりやすいです。私は1か月以内に施術を受けられる部位があれば,こちらの方法で予約をとるようにしています。

 

ただし,②の方法であっても,希望日の予約を通りやすくする方法はあります。前述したように,1か月より先の予約ができないように設定しているため,ちょうど1か月後であればだれも予約ができていない状態です。

 

すなわち,希望日の1か月前にHPから予約をすればよいわけです。もちろん,これでも日によっては予約が殺到してしまって,取れない場合があるとは思いますが,普通の土日くらいなら,これで大体予約が取れます。(院によって差があるかもしれません)

頬への照射のリスクについての説明

f:id:hhm4bue:20200920185735j:plain
チークライン(ほほの一部)へ照射すると,肝斑が生じやすくなる,という話は今でこそSNS上で目にすることも多いですが,脱毛を開始した時,私は知りませんでした。

 

そのため,何も考えず顔への照射はすべての範囲で契約していたのですが,施術当日に「チークラインへの照射は肝斑のリスクが上がります。ここだけよけることもできますがどうしますか?」と聞かれ,焦りました。

 

これは顔のバランスにもよりますが,私の場合,「チークライン」と言われる部分がかなり広いです(この範囲は看護師さんに教えてもらえます。)。こんなに広い範囲の施術を受けなくなるくらいなら,「ほほ」全体をキャンセルしておけばよかった…とちょっと思ってしまいました。

 

お金がもったいないなら受ければいい,という声もあるかもしれませんが,肝斑は今の医療では取り除くことが非常に難しいですから,チークラインを避けて施術をしてもらっています。

 

※もちろん,肝斑のリスクを考慮した上で施術を受けるつもりの方には特に関係のない話です!

大満足しています!

いくつか不満に感じた点を書かせてもらいましたが,基本的にはリゼでの脱毛について,かなり満足しています。

 

現在,どの部位も3回ずつ照射をした状態ですが,部位によってはほぼ生えてこないところも出てきました。(これは本当に個人差がありますが…。私はけっこう効果を感じやすいタイプ見たいです。)

 

クリニック自体もきれいで清潔感があり,看護師さんの対応も気持ちがいいので,これからも通い続けて,全身脱毛を完了させようと思っています。

 

リゼクリニックでは無料カウンセリングを行っています。医療脱毛をどこで受けたらいいか悩んでいる方は,是非足を運んでみてください。

    ▼リゼクリニック▼